画家たちのパートナー―その愛と葛藤

個数:

画家たちのパートナー―その愛と葛藤

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年07月25日 18時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 343p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846019990
  • NDC分類 723.35
  • Cコード C0071

内容説明

名作の裏に描かれた私生活のドラマ!冷え切ったセザンヌの夫婦仲、ふたりの妻に支えられたモネ、女ゆえの茨の道を歩んだモリゾ、遙か南の島に性の楽園を見い出したゴーガン…フランス印象派中心に15人の画家たちの愛憎・悲喜こもごも、興味深いエピソードから読み解く、その芸術の真髄。

目次

ヴィジェ=ルブラン―王妃マリー・アントワネットに愛された美貌の女流画家
カウフマン―名声と失意の女流“歴史画家”
グルーズ―悪妻に悩まされ続けた風俗画家
ダヴィド―激動の時代に君臨した巨匠
アングル―保守・伝統主義を貫いた“良き夫”
マネ―フランス近代絵画の先駆けとなったパリジャン
モネ―生活の苦しさ、創作の苦しさを支えたふたりの妻
ルノワール―多くの女性を愛し描いた「バラ色の人生」の画家
モリゾ―男社会の制約に悩みながらも、“最も純粋な印象派”を貫いた紅一点
ピサロとシスレー(ピサロ―長年貧困に苦しんだ、印象派の「農民画家」;シスレー―終始不遇な人生だった“晴の日”の画家)
モローとシャヴァンヌ
セザンヌ―絵画においては人もリンゴも同価値と見做した“不器用な天才”
ゴーガン―都会を捨て、未開の“楽園”に創造の源泉をもとめて

著者等紹介

千足伸行[センゾクノブユキ]
美術史家、成城大学名誉教授。1940年東京生まれ。東京大学文学部卒業後、TBS(東京放送)を経て国立西洋美術館に勤務。1970~72年、西ドイツ(当時)政府給費留学生としてミュンヘン大学に留学。主にドイツ・ルネサンス美術を学び、帰国後、国立西洋美術館に復帰。1979~2011年、成城大学に勤務、現在は広島県立美術館館長。ヨーロッパ近代、特に世紀末美術を専門とし、多くの展覧会も企画。編著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。