空襲にみる作家の原点―森内俊雄と瀬戸内寂聴

個数:
  • ポイントキャンペーン

空襲にみる作家の原点―森内俊雄と瀬戸内寂聴

  • 富永 正志【著】
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 論創社(2020/08発売)
  • ブラックフライデー ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 40pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年11月28日 05時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 200p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846019709
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

燃え盛る火の中を眉山に逃げ込み、九死に一生を得た森内俊雄、北京から引き揚げた際、母の焼死を知らされた瀬戸内寂聴―。徳島大空襲が作家の人生と文学に与えた影響を、2人と親交のある徳島県立文学書道館館長の著者が丹念に読み解く異色の作家論。

目次

森内俊雄―原体験としての空襲(救いの山・眉山;空襲が残した傷;徳島への愛着)
瀬戸内寂聴―敗戦からの出発(徳島大空襲と母の喪失;作家・瀬戸内晴美の誕生;戦後の反戦活動)
森内さん、瀬戸内さんのこと

著者等紹介

富永正志[トミナガマサシ]
1951年、徳島県生まれ。関西学院大学経済学部卒。74年、徳島新聞社入社。文化部記者、社会部記者、共同通信社文化部(出向)、文化部長、論説委員長などを務め、2013年退職。14年4月から徳島県立文学書道館館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。