ドストエフスキー 転回と障害

個数:

ドストエフスキー 転回と障害

  • 提携先に5冊在庫がございます。(2021年10月16日 16時03分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 480p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846018559
  • NDC分類 980.2
  • Cコード C0095

内容説明

『罪と罰』以降の長編作品を脱構築する試み。近代ロシア社会の苛酷な現実の内側でとぐろを巻くドストエフスキーの“霊的な存在”たる革命的精神、その転回と障害を読み解く。

目次

1 「転向作家」の革命的精神、あるいは霊的な存在
2 『罪と罰』エピローグの問題
3 ラスコーリニコフ、あるいは挫折したイデオローグ
4 幼児性、その勝利と敗北
5 障害としてのイデオロギー批判
6 モンスターの創造―革命でもなく、反革命でもなく
7 「放浪者」マカールのイデーをめぐって
8 未完の革命家アリョーシャ
9 人間よ、祈りのなかで溶けてしまえ!
10 霊的な存在、その最後の転回

著者等紹介

福田勝美[フクダマサヨシ]
1956年、福岡県生まれ。早稲田大学政経学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yoyogi kazuo

0
著者独特の用語(「霊的存在」とか「転回」とか「障害」といった)が却って論旨を解りにくくさせている部分もあると思う。著者によれば、「ドストエフスキーはシベリア流刑で<転向>したのではなく<転回>したのだ」というが、単なる言葉の言い換えではないのか。『白痴』を論じた箇所、そして『悪霊』のスタヴローギンを論じた章は、出色だと思う。全体的には、本を置くこともできず一気に読了するほど大変興味深い内容だった。これほど重厚なドストエフスキー論を書いた著者と、この本を出版してくれた出版社には感謝の念しか起こらない。 2019/10/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14085381

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。