加藤周一 青春と戦争―『青春ノート』を読む

個数:

加藤周一 青春と戦争―『青春ノート』を読む

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月23日 18時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846017484
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

新たに発見された、もう一つの『羊の歌』。十代の加藤周一が開戦まで書き続けた「幻のノート」。戦争・ファシズムに向かうなかで、紡いだ思索の軌跡。現代の若者が読み、「戦争の時代」を問う!

目次

第1章 『青春ノート』とは何か(加藤周一文庫とは;『青春ノート』こそ加藤周一の原点である;『青春ノート』から)
第2章 『青春ノート』を語る(いまの若者は、『青春ノート』をどう読むか;若き加藤の日々を見つめて;若き日の加藤周一と文学者たち)
第3章 『青春ノート』の時代と現代(戦争の時代を若者はどう見るのか;加藤周一と戦争の時代;行動する加藤への思い;『加藤周一 その青春と戦争』を撮り終えて)

著者等紹介

渡辺考[ワタナベコウ]
1966年東京都生まれ。早稲田大学卒。NHKディレクター。NHKスペシャルなどすぐれた番組づくりを行い、ギャラクシー賞、橋田賞など受賞多数、さらにそのいくつかを書籍化している。近著『ゲンバクとよばれた少年』(講談社)は平和協同ジャーナリスト基金奨励賞に選ばれた

鷲巣力[ワシズツトム]
1944年東京都生まれ。評論家。立命館大学客員教授、同大学加藤周一現代思想研究センター長。東京大学法学部卒業後、平凡社で加藤周一作品や雑誌『太陽』の編集長を務め、取締役で退社(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件