論創海外ミステリ<br> 盗まれたフェルメール

個数:

論創海外ミステリ
盗まれたフェルメール

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月02日 07時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 300p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846016982
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

殺された画家、盗まれた絵画。フェルメールの絵をめぐり展開するサスペンスとアクション!スコットランドヤード警視監アプルビィが事件を追う!

著者等紹介

イネス,マイケル[イネス,マイケル] [Innes,Michael]
1906‐1994。本名ジョン・イネス・マッキントッシュ・スチュワート。スコットランド、エディンバラ生まれ。オックスフォード大学卒。「学長の死」で作家としてデビュー。1954年刊行の短編集“Appleby Talking”が“クイーンの定員”に選出される。ミステリー以外にも本名で普通小説を書き、“オックスフォード5部作”などの作品がある

福森典子[フクモリノリコ]
大阪生まれ。通算10年の海外生活を経て、国際基督大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

133
ユーモアを忘れず、ミステリの謎解きをしながら、女性には敬意を払い、滑稽な善人と悪人が描かれる。細かいところでたくさん笑わせてもらい、冒険劇にドキドキし、公爵のカッコ良さに惚れた。そして、あくまでもちゃっかりとした画商の無意識なコメディアンぶり。イネスは『学長の死』しか読んでいない。これは13作目のようなので、訳されているものは探して読まなくちゃ。2018/05/14

NAO

60
ガーディアン必読書に選ばれている『学長の死』のシリーズ本。『学長の死』で活躍した若きアプルビイは、なんと警視監になっている。警視監ともあろう人が、警視監であるがゆえの(?)まさかの単独行動。アプルビイのちょっと迂闊すぎるような動きと、夫人のこれまたなかなか貴婦人らしからぬ動きが、何ともほほえましい。絵を盗まれた侯爵は、他の作品にも登場しているらしく、そちらの本も読んでみたくなった。2018/06/06

本木英朗

21
英国の本格ミステリ小説のひとりである、マイケル・イネスの作品のひとつだ。というか今回はまさに警察小説、と呼ぶべきか。殺された画家。盗まれた絵画。フェルメールの絵をめぐり展開するサスペンスとアクション! スコットランドヤードの警視監アプルビイが事件を追う!という話だ。これはもう、読むしかないってば。さすがアプルビイ、そして作者である。俺はぜんぜん分からなかったけれど、それでもいいや。またいつか読もうと思う。2021/08/15

rinakko

10
久しぶしのアプルビイ。心ゆくまで堪能したわ。(めも ストリンドベリ『幽霊ソナタ』よみたい2018/08/08

nightowl

4
謎の死を遂げた画家の内覧会で、アプルビイ夫妻は絵画の盗難事件に遭遇する。不審な人物が数々登場する中で、事件の真相とは如何に?取り戻すことは出来るのか?彫刻家である妻のジュディス・アプルビイも巻き込まれて…/「ストップ・プレス」のまったり感が嘘のよう。非常にテンポよく読める駆け引きだらけのサスペンス。「ハムレット復讐せよ」を先に読んでおけばよかったと大後悔。また他イネス作品の粗筋解説に感謝。尚、本背や裏の原題などフェルメールにとってお馴染みな青を利用していることににやり。2018/04/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12699656

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。