論創海外ミステリ<br> 血染めの鍵

個数:
電子版価格 ¥2,288
  • 電書あり

論創海外ミステリ
血染めの鍵

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 303p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846016869
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

大正時代に『秘密探偵雑誌』へ翻訳連載されたエドガー・ウォーレスの本格ミステリが新訳でよみがえる!新聞記者ホランドの前に立ちはだかる堅牢強固な密室殺人の謎。

著者等紹介

ウォーレス,エドガー[ウォーレス,エドガー] [Wallace,Edgar]
本名リチャード・ホレイショー・エドガー・ウォーレス。1875年、英国ロンドン生まれ。新聞の売り子やトロール船の乗組員として働きながら学問を修め、1894年に英国陸軍歩兵隊へ入隊。除隊後は記者として活躍したが名誉毀損による損害賠償問題を起こして失職する。1905年に発表した処女作「正義の四人」がベストセラーとなり、以後は専業作家として膨大な数の小説を書いた。32年、ハリウッド滞在中に肺炎と糖尿病を併発して急逝

友田葉子[トモダヨウコ]
津田塾大学英文学科卒業。非常勤講師として英語教育に携わりながら、2001年、『指先にふれた罪』(DHC)で出版翻訳家としてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

飛鳥栄司@がんサバイバー

24
「あの密室トリック」を世に送り出した、記念すべき作品である。ヴァン・ダインや横溝までもが、本作品をインスパイアしていると言われれば、更に感慨深さを感じるのである。密室殺人が題材だが、トリックに偏重せず、ウォーレスらしく恋愛ありサスペンスありと物語を終始動かすことで、読者を飽きさせることはない。物語中の色々な要素が、終盤で事件にしっかりと絡んでいたことがわかり、読み応えは十分だ。「あの密室トリック」に加え、「ある死体処理」も書かれており、本書は本格ミステリにとってある意味で始祖と言っても過言ではあるまい。2018/06/09

jugemu

9
『正義の四人』の作者による密室殺人もの。合い鍵のないドアを持つ堅牢な地下室。男が背中から銃撃されて死んでおり、ドアは施錠され、血染めの鍵は室内に残されている。この謎に挑む刑事と彼をアシストする新聞記者。新聞記者は事件直前に有名な美人女優と面談していたが、この女優が被害者と関わりがあり、記者の相部屋の友人は被害者の甥。絡み合う人間関係と被害者の背後にひそむ中国人の暗躍。超人的無誤謬直観、論理の跳躍、基礎情報の出し惜しみなどどうみても少年漫画の世界だが結構楽しめる。前頭葉の出番はなく痴呆化にまっしぐらと自戒。2018/09/26

ホン

2
面白い、第一次世界大戦後のロンドンが舞台。解説には密室トリックの後の推理小説への影響を強調しているが全体としての構成も素晴らしくロマンスもありで次から次へと畳みかける展開がたまらない。2018/04/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12536126

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。