ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド

個数:

ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年11月25日 07時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846015794
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

連城三紀彦という特異な、そしてその特異性を見落とされてきた作家が遺していった作品群。第16回本格ミステリ大賞・評論・研究部門受賞作を大幅加筆した決定版!

目次

第1部 全作品レビュー(綺羅星のごとく―七八年~八四年;流行作家への道―八五年~八九年;虚実の境界線で―九〇年~九四年;陰り始める人気―九五年~〇〇年;晩年そして没後(〇一年~一六年)
単行本未収録作品を読む
アンソロジーで連城作品を読む
エッセイ・その他を読む
連城三紀彦論を読む
絶版・品切れの作品を入手するには)
第2部 作家論・作品論(ダブルミーニングの文学―再演の背景;どこまでも疑って―連城三紀彦論;『私という名の変奏曲』推理―犯人は誰か;『ため息の時間』読解―苑田岳葉と連城三紀彦;謎解きは終らない―『処刑までの十章』論)

著者紹介

浅木原忍[アサギハラシノブ]
1985年、青森県生まれ。北海道大学文学部卒。2007年より同人小説サークル「Rhythm Five」として活動、2016年、同人誌として発行した『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド・増補改訂版』で第16回本格ミステリ大賞評論・研究部門を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)