鴎外の漢詩と軍医・横川唐陽

個数:

鴎外の漢詩と軍医・横川唐陽

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月27日 06時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 244p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846015336
  • NDC分類 919.6
  • Cコード C0095

内容説明

旅順で目にしたロシア軍降伏の会見場の机の文字、「第一師団衛生隊医長横川徳郎識す」に導かれ、徳郎=唐陽の足跡を実地踏査も交え探索し、鴎外や希典との関係も明かす!

目次

序章 唐陽山人とは誰ぞ
第1章 明治漢詩の世界へ(近代日本の漢詩文を知るために;明治期における「詩」)
第2章 横川唐陽の前半生(明治という時代に生まれて;横川塾と神戸学校;諏訪三俊―横川唐陽とその兄弟;第一高等中学校医学部に学ぶ;軍医となるためには―明治陸軍の軍医養成・補充について;日清戦争従軍とその後)
第3章 日露戦争における横川唐陽(軍医たちの日露戦争;旅順開城の日の水師営包帯所;乃木大将の感伏―奉天会戦における第一師団衛生隊;奉天の鴎外と唐陽;鴎外からの手紙)
終章 唐陽の足跡を辿って
附論

著者等紹介

佐藤裕亮[サトウユウスケ]
1983年東京都練馬区生まれ。大正大学文学部史学科卒業、明治大学大学院文学研究科史学専攻博士前期課程修了、同博士後期課程単位取得退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。