歴史に学ぶ自己再生の理論

個数:

歴史に学ぶ自己再生の理論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年08月15日 18時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 268p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846014988
  • NDC分類 157.9
  • Cコード C0012

内容説明

心豊かに生きた先人たち―江戸の賢人・石田梅岩を物差に、セネカ、陶淵明、吉田兼好、橘曙覧、ソロー、夏目漱石らに学びながら、明日の自分を変える。21世紀に生きる歴史の叡智。

目次

序章 夢と寿命の競争(欲=智恵、「個」の発生;忘却をくり返す国体 ほか)
第1章 本当の自分に踏み出す勇気(「まさか」の「下り坂」;宇宙の本質は「一仏」にあり ほか)
第2章 生きる目的と生業(生計を立てるための人生は過ち;ソローの青春時代 ほか)
第3章 「心学」を身につける(感性を心の真中に置く;心に静謐を持つ ほか)
第4章 新しい「心学」の可能性(歴史心理学とホイジンガ;現代に重なる「中世末」 ほか)
終章 夢を形に(不可解な人・良寛;親を捨て、故郷を出奔 ほか)

著者等紹介

加来耕三[カクコウゾウ]
歴史家・作家。昭和33年(1958)、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科卒。同大学文学部研究員を経て、著述活動に入る。『歴史研究』編集委員、中小企業大学校の講師などを務め、テレビ・ラジオ番組の監修・出演など多方面に活躍している。主な著書に、『家康はなぜ、秀忠を後継者にしたのか―一族を繁栄に導く事業承継の叡智』(ぎょうせい・第14回ほんづくり大賞受賞)ほか多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。