論創海外ミステリ<br> 虐殺の少年たち

個数:

論創海外ミステリ
虐殺の少年たち

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 260p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846014834
  • NDC分類 973
  • Cコード C0097

内容説明

イタリアン・ノワールの巨匠再び!夜間校の教室で女教師が暴行恥辱され瀕死の状態で発見された。警察は生徒による犯行と断定し11名を逮捕するが…。元医師で警官のドゥーカが少年犯罪に挑む!

著者等紹介

シェルバネンコ,ジョルジョ[シェルバネンコ,ジョルジョ] [Scerbanenco,Giorgio]
1911‐1969。ウクライナ、キエフ出身。ロシア人の父とイタリア人の母の間に生まれる。イタリアへ移住し、幼少期をローマで過ごす。父親が革命のさなか、共産党員によって射殺され、16歳の時に母親も病死する。生計を立てるために様々な職を転々とし、雑誌編集者を経て作家としてデビューする。イタリアが舞台の“ドゥーカ・ランベルティー”シリーズ第二作Traditori di tuttiは1968年にフランス推理小説大賞の翻訳作品部門を受賞している

荒瀬ゆみこ[アラセユミコ]
大阪外国語大学イタリア語学科卒業。雑誌記者、書籍編集者を経て翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。