悲しくてもユーモアを―文芸人・乾信一郎の自伝的な評伝

個数:

悲しくてもユーモアを―文芸人・乾信一郎の自伝的な評伝

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 233p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846014674
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

翻訳者、編集者、作家。三つの顔を持つ文芸人の知られざる素顔に迫る。アメリカ帰りの孤独な少年はグレ学生から翻訳者へと成長した。その後、出版王国と呼ばれた博文館の編集者として敏腕を振いながら、ユーモア小説の名手としても活躍し、限りない才能を開花させていく。熊本県出身の才人・乾信一郎の足跡を追い続ける著者が満を持して書きあげた渾身の評伝!

目次

第1章 明治・大正は走馬灯
第2章 昭和戦前は波乱万丈
第3章 昭和戦後の華やかなカムバック
第4章 ヒロシマ―祈りと出版
第5章 経済の高度成長期には
第6章 昭和後期の人脈とイベント
第7章 また改元して平成に

著者等紹介

天瀬裕康[アマセヒロヤス]
1931年、広島県生まれ。岡山大学大学院医学研究科卒。日本文藝家協会、日本ペンクラブ、日本SF作家クラブ、『新青年』研究会各会員。短歌誌『あすなろ』同人、俳誌『第2次未定』同人。総合文芸同人誌『広島文藝派』代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件