本の窓から―小森収ミステリ評論集

個数:

本の窓から―小森収ミステリ評論集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月23日 14時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 376p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846014438
  • NDC分類 902.3
  • Cコード C0095

内容説明

先人の評論・研究を読み尽くした著者による21世紀のミステリ評論。膨大な読書量と知識を縦横無尽に駆使し、古典的名作から今なお読み継がれる傑作の数々を新たな視点から考察する!

目次

あったはずのサスペンス アガサ・クリスティ『アクロイド殺し』
角川文庫版『獄門島』への疑問 横溝正史『獄門島』
逆説的な非現実感の背後にあるもの G・K・チェスタトン『ブラウン神父の童心』
帝国主義大盛り上がりのただなかで モーリス・ルブラン『813』『続813』
怪しさが積み重なってはいくけれど… ジョエル・タウンズリー・ロジャース『赤い右手』
神の灯の下、合理を求める エラリイ・クイーン「神の灯」
刑事と犯人の対決が孕んでいるもの 土屋隆夫『危険な童話』
ミステリの初心を忘れた時代に生きる読者のために シャーロツト・アームストロング『毒薬の小壜』
移動がもたらすもの 中薗英助『密航定期便』
逸品揃いのアンソロジー エラリイ・クイーン編『黄金の13/現代篇』〔ほか〕

著者等紹介

小森収[コモリオサム]
1958年福岡県門司市(現・北九州市)生まれ。書籍編集者。作家。その他出版関連業務一般下請け(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。