出版とは闘争である

個数:

出版とは闘争である

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 236p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784846014254
  • NDC分類 023.1
  • Cコード C0095

内容説明

出版業界の衰退がいわれる今日、本作りの主体である“編集者”の在り方と“出版人”の果たすべき役割を「出版文化再生」ブログで問い続ける著者の辛口エッセイ集!

目次

1 出版とは闘争である(「新文化」での『出版文化再生‐あらためて本の力を考える』紹介をきっかけに;専門書は新たな知を発見する;出版は活字の力を通じて未来をつくっていく ほか)
2 学問と知の危機(いまの哲学の惨状;懐疑的科学者の出現を期待する;マスコミの「良識」という幻想 ほか)
3 著者・書物・出版界(鈴村和成出版記念パーティ;出版界と退職者;出版事業の発明 ほか)

著者等紹介

西谷能英[ニシタニヨシヒデ]
1949年、東京生まれ。東京大学大学院フランス語フランス文学科修士課程修了。野沢啓の名で詩集、評論集がある。現在、日本現代詩人会、日本文藝家協会所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件