山本周五郎を読み直す

個数:

山本周五郎を読み直す

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 331p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846013844
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

著者は“9・11”と“対テロ戦争”を契機として、周五郎の作品群へと向かい、「非暴力への確かな意志」を『青べか物語』『さぶ』『柳橋物語』等の主人公の中に見出し、新たな山本文学を構想する!

目次

第1章 ヘソ曲がり爺さんの真実(甲州嫌い;神戸、そして二人の女;長い坂道を登り詰めて…;絶筆『おごそかな渇き』前後)
第2章 武士道と周五郎(「捨身」を生きる;宮本武蔵をめぐって;軍兵の精神;罪を裁かず;原田甲斐という生き方)
第3章 庶民誕生(忘れられた蒸気河岸の先生;「さぶ」への答え;おせん、生きよ!;六ちゃんの電車に乗る)
第4章 生きている周五郎(土岐雄三の回想;生への勇気づけ;問われる日本人の宗教意識)