ターミナル・ビギニング―アメリカの物語と言葉の力

個数:

ターミナル・ビギニング―アメリカの物語と言葉の力

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 324p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846013363
  • NDC分類 930.29
  • Cコード C0098

内容説明

現代社会のアクチュアルな問題を、物語の批評を通じ深く掘り下げる論文集。小説におけるマイノリティの問題を扱う第一部と、映画・文化産業が生み出す物語を考察の対象とする第二部から成る。アメリカ文学者・吉田迪子の思想を特徴づける代表的論考二篇を収録。

目次

第1部 響き合う小説の言葉(近代と対峙するコスモロジー―モリスンと石牟礼道子の世界;フォークナーの反逆的後継者としての中上健次;父の認知を求める混血児―「父と息子」と『アブサロム、アブサロム!』;シャーウッド・アンダソンとジーン・トゥーマー―視線の暴力をめぐる、テクスト間の対話;危険なる仮装―ネラ・ラーセンの「サンクチュアリ」と剽窃疑惑;「黒い」主人、「白い」奴隷―「ベニト・セレノ」における反乱の意味;戦争・哀悼・国家―アメリカ再考の物語としてのウィリアム・フォークナーの『寓話』とトニ・モリスンの『ホーム』;アイデンティティと階級の相克を越えて―チャンネ・リーの『ネイティヴ・スピーカー』はネオリベラル小説か)
第2部 映像と物語の可能性(映像の近代時間―効率と映画の一考察;ナブコフの『闇のなかの笑い』と映画;非アメリカ的な「夢」と前衛映画と抵抗と―第二次世界大戦前後のアナイス・ニン;戦うプリンセスたちの挑戦―プリンセスと戦う女性と女性ゴシックの関係;冷戦期のある「夫婦」の物語―レナード・バーンスタインの『タヒチ島の騒動』をめぐって)

著者等紹介

中村亨[ナカムラトオル]
1966年、京都府生まれ。1995年青山学院大学大学院博士後期課程満期退学。中央大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。