論創ミステリ叢書<br> 新羽精之探偵小説選〈1〉

個数:

論創ミステリ叢書
新羽精之探偵小説選〈1〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 320p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784846013042
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

“奇妙な味”の異色作家、初の作品集。九州在住の地方作家による奇想ミステリを初めて集成。第1巻にはデビュー作から『宝石』終刊までの作品を収録!

目次

創作篇(炎の犬;火の鳥;進化論の問題;美容学の問題;生存の意志 ほか)
評論・随筆篇(受賞の感想;痩肥余話;推理小説のふるさと;わが推理小説観;はるかな連想)

著者等紹介

新羽精之[ニワセイシ]
1929(昭4)年、長崎県生まれ。別名・夏木蜻一。同志社大学・英米文学部を病気のため中退後、洋服商、英語塾講師を経て、放送作家となる。1958年、『宝石』の短編懸賞に投じた夏木名義の「炎の犬」が最終候補に残り、同誌増刊号に掲載されてデビュー。62年には、新羽名義の「進化論の問題」と「火の鳥」が第3回「宝石賞」の候補となり、前者で1席入選を果たした。旺盛な執筆意欲を示したが、長編刊行直後の1977(昭52)年12月に急逝(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。