論創海外ミステリ<br> 命取りの追伸

個数:

論創海外ミステリ
命取りの追伸

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 372p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846012823
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

ロンドン郊外の屋敷で毒殺された老夫人。匿名の手紙に秘められた謎を追ってダン・パードウ警部が奔走する。「セイヤーズの後継者」と絶賛された女流作家ドロシー・ボワーズのデビュー作を初邦訳!

著者等紹介

ボワーズ,ドロシー[ボワーズ,ドロシー] [Bowers,Dorothy]
英国、レムスター生まれ。オックスフォード大学卒業後、教職を経て、本書『命取りの追伸』(38)で作家デビュー。書評家から「セイヤーズの後継者」と称賛され、最後の作品となるThe Bells of Old Bailey(47)まで全5作の長編を発表。1948年にディテクション・クラブへ入会するが、間もなく結核により死去

松本真一[マツモトシンイチ]
1957年生まれ。上智大学文学部卒業。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。