ダ・ヴィンチ封印「タヴォラ・ドーリア」の500年

個数:

ダ・ヴィンチ封印「タヴォラ・ドーリア」の500年

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 307p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846012625
  • NDC分類 723.37
  • Cコード C0071

内容説明

チェーザレ・ボルジアとマキアヴェッリが成立に関与した「代表作」は、ナポレオン、ムッソリーニの計謀で彷徨いはじめ、戦後は行方不明となる…。世界美術史上「最大の謎」に迫るドキュメント!

目次

序章 壁画か板絵か?―ローマから世界に発信された暗号
第1章 「アンギアーリの戦い」と『君主論』―ダ・ヴィンチとマキアヴェッリ
第2章 壁画と板絵―壁画制作中断の背景
第3章 アンギアーリの戦い―一枚の板絵に仕掛けたダ・ヴィンチの予言
第4章 「タヴォラ・ドーリア」―画面に仕掛けたレオナルド・ダ・ヴィンチのトリック
第5章 「タヴォラ・ドーリア」の戦い1―フィレンツェの捕囚時代~ドーリア家の家宝時代
第6章 「タヴォラ・ドーリア」の戦い2―スイス、ドイツ、アメリカとドイツ亡命時代

著者等紹介

秋山敏郎[アキヤマトシロウ]
1958年、門司市生まれ。福岡県立門司高校を経て1978年、上智大学文学部哲学科に入学し、K.リーゼンフーバー博士(哲学)、篠田雄次郎博士(美術史)に師事。卒業後1983年、旭通信社(現ADK)入社、国際本部勤務後1989年、退社。西ドイツへ語学留学後、同年9月、ケルン大学経済学部に正規入学、東ドイツのマーケッティングを学ぶもベルリンの壁崩壊で1990年、ミュンヘン大学美術史学科へ編入。この間、ミュンヘンで会社(敏インターナショナル、現トシ・インターナショナル)設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件