論創ミステリ叢書<br> 正木不如丘探偵小説選〈1〉

個数:

論創ミステリ叢書
正木不如丘探偵小説選〈1〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月26日 14時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 344p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784846011826
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

第二の夏目漱石と謳われたディレッタント作家による創作探偵小説黎明期を彩った作品群。「法医学教室」「赤いレッテル」ほか全28編。

目次

創作篇(法医学教室;剃刀刑事;椰子の葉ずれ;天才画家の死;夜桜 ほか)
随筆篇(不木と不如丘との鑑別診断;小酒井不木は小酒井不木にして正木不如丘にあらず(小酒井不木)
或る殺人事件
「診療簿余白」経緯
はんめう ほか)

著者等紹介

正木不如丘[マサキフジョキュウ]
1887(明20)年、長野県生まれ。本名・俊二。1914(大3)年、東京帝国大学医学部卒業。20年に渡欧、パリのパスツール研究所で免疫学を学ぶ。22年に帰国し、慶応義塾大学医学部勤務。同年、『東京朝日新聞』に「診療簿余白」が掲載され、文壇デビュー。26年、富士見高原療養所長に就任。同じころ探偵小説に関心を寄せ、作品を次々に発表。戦後、結核医療から離れて後は創作も途絶えた。60年、藍綬褒章授章。62(昭37)年死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。