キリスト教界と東神大闘争―碑文谷創全発言録

個数:

キリスト教界と東神大闘争―碑文谷創全発言録

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年10月21日 17時12分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 345p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846011666
  • NDC分類 377.96
  • Cコード C0016

内容説明

東京神学大学に「全学共闘会議」=全共闘が設立されたのは1969年9月。解散宣言がなされたのは、1971年1月―その間、共闘会議議長として運動の先頭で闘った著者の全発言録。

目次

第1部(「キリスト教イデオロギー」の止揚に向かって―神学「大学」をめぐる諸問題;言葉・主体・情況―破綻した神学的論理の止揚;真に問われる問題の直視を ほか)
第2部(東神大教授会の正常化の実態―苛烈な全共闘追放作戦;酔いと逃亡を拒否して;結婚は転向への一里塚か―体制的あるいは反体制的家庭論批判 ほか)
第3部(思想と現実の往還―第一コリント七章を中心とするパウロ試論;戦争責任の思想的意味;巻頭文・「考え抜く」こと ほか)

著者等紹介

碑文谷創[ヒモンヤハジメ]
葬送ジャーナリスト、雑誌「SOGI」編集長。1946年岩手県一関市生まれ、宮城県仙台市出身。東京神学大学大学院修士課程中退。元東京神学大学全学共闘会議議長。出版社勤務の後、1990年表現文化社(当時・表現社)設立。雑誌「SOGI」編集長を務めるかたわら、死や葬送関係に関する評論ならびに講演活動をテレビ・新聞・雑誌等で展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。