私の映画史―石上三登志映画論集成

個数:

私の映画史―石上三登志映画論集成

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月23日 12時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 588p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784846011093
  • NDC分類 778.04
  • Cコード C0074

内容説明

キング・コングを、ペキンパー映画を、刑事コロンボを、スター・ウォーズを、“発見”し、語り続ける「石上評論」の原点にして精髄。ヒーローって何だ。エンターテインメントって何だ。「石上評論」of the 1970s。

目次

1 ぼくは駅馬車にのった(たとえばリンゴオ・キッドのように…;磐城座幻想;コングのための鎮魂歌;わが非行の時代;ピーピング・トムが死んだ ほか)
2 私のジャンル、私のメディア(サム・ペキンパーの世界;スパイ映画論;栄光のマイナーAIP;影のビッグ・メン/三人のプロデューサーによって発見された映画的才能の系譜;「劇場未公開」映画から「メイド・フォー・TV」フィルムまで/テレビで長編劇映画を見るための未来論)
3 TVムービ作品事典
巻末付録 年度別BEST10一覧

著者等紹介

石上三登志[イシガミミツトシ]
1939年東京生まれ。明治大学文学部卒業。映画を中心に、ミステリ、SF、マンガ、広告など、幅広い分野で評論家として活躍するかたわら、雑誌「映画宝庫」「FLIX」の責任編集、翻訳、映画脚本なども手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。