血脈破断―阿部日顕が潰した日蓮正宗

個数:

血脈破断―阿部日顕が潰した日蓮正宗

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年08月06日 05時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784846011079
  • NDC分類 188.9
  • Cコード C0015

内容説明

日蓮より700余年にわたる“法主の血脈=富士の清流”は、なぜ“濁流”と化したか?日顕登座以後、信徒数1780万人が39万人となる。全国各地の寺院を訪ね、100名の取材で明らかとなる真実!“ニセ相承”疑惑の謎を解く。

目次

第1章 “ニセ相承”事件簿(京都「住本寺」明け渡し訴訟で日蓮正宗が敗訴―裁判の争点は阿部日顕の“法王の真贋”;阿部信彰が日蓮正宗僧侶に暴行―暴行で刑事告訴された阿部日顕の長男;名称使用裁判で連戦連敗した日蓮正宗―日顕の存在が邪魔をする裁判闘争;被災地で顰蹙を買った日蓮正宗―日顕の背を見て堕落した僧侶たち)
第2章 徹底検証!日顕の血脈(昭和五四年七月二二日―“ニセ相承”が始まった日;昭和五三年四月一五日―その日、日顕への相承はあったのか?;阿部日顕が法主で恥をさらす日蓮正宗)
第3章 巻末資料 名称使用差止裁判「判決文」

著者等紹介

坂口義弘[サカグチヨシヒロ]
北海道函館市生まれ。週刊誌記者、雑誌編集者などを経て、フリージャーナリスト。日本ペンクラブ会員。元『歴史と現代』『新雑誌エックス』編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。