メディアと権力―情報学と社会環境の革変を求めて

個数:

メディアと権力―情報学と社会環境の革変を求めて

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 453p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784846006747
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0030

内容説明

権力は情報を操作し民衆を動かしてきたか?インターネットの出現をふまえて「メディア」の全体像を、歴史学・社会学・政治学の観点から解く、メディア研究の白眉。

目次

第1部 メディアの歴史学(メディア史論の相克;「新しいメディア」と権力;資本主義と報道統制)
第2部 メディアの社会学(メディア研究とカルチュラルスタディーズにおける新たな見直し;メディア社会学の中心課題;グローバル・ジャーナリズム:インターネットのケーススタディ)
第3部 メディアの政治学(グローバル化・社会変化・テレビ改革;民主制の維持とメディア)

著者等紹介

カラン,ジェームズ[カラン,ジェームズ][Curran,James]
1945年生まれ。ケンブリッジ大学で歴史学を学び、放送大学を経て1983年よりロンドン大学へ移籍し、コミュニケーション学部長などを歴任。同大学ゴールドスミスカレッジ教授。欧米の多くの大学で特別講義を行い、メディア社会学の分野で世界的な注目をあびる研究者の一人

渡辺武達[ワタナベタケサト]
1944年、愛知県生まれ。同志社大学社会学部教授、同大メディア・コミュニケーション研究センター代表。専攻はメディア倫理、国際コミュニケーション論。1996年度から英国シェフィールド大学大学院日本学通信教育嘱託講師、2001年度、米国ハーバード大学ライシャワー日本研究所客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。