心から言葉へ―現代言語学への挑戦

個数:

心から言葉へ―現代言語学への挑戦

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846005450
  • NDC分類 804
  • Cコード C0081

内容説明

幼児が言葉を話す過程に着目した「初期言語獲得論の試み」など、時枝誠記、三浦つとむの復権とチョムスキー批判を掲げた諸論考収録。

目次

第1章 三浦つとむの言語理論―その形成と構造(時枝誠記の言語過程説;モンタージュ理論批判 ほか)
第2章 日本語論の方へ―もう一つの文法論(日本語はどう研究されてきたか;言語過程説の成立 ほか)
第3章 チョムスキー派「言語生得説」の批判(言語学は何を追究してきたか;チョムスキー理論の根本欠陥 ほか)
第4章 初期言語獲得論の試み―幼児が話しはじめるとき(言語とはなんだろうか;言葉の発達、その道筋 ほか)
第5章 差別語批判の基準を考える(語彙と言語、その区別と関連;「差別」を表さない言葉などない ほか)

著者等紹介

柴崎律[シバサキリツ]
1949年、大阪市に生まれる。中央大学法学部卒業。現在、学校事務職員として勤務。1974年より、「障害者の教育権を実現する会」に参加するかたわら、認識論、言語論、人権論の研究に携わる。雑誌『人権と教育』編集部員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。