論創海外ミステリ<br> 最後に二人で泥棒を―ラッフルズとバニー〈3〉

個数:

論創海外ミステリ
最後に二人で泥棒を―ラッフルズとバニー〈3〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月11日 10時40分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846005269
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

卓越したセンスと類い稀なる強運に恵まれた、泥棒紳士ラッフルズと相棒バニー。数々の修羅場をくぐり抜け、英国中にその名を轟かせた二人の事件簿に、いま終止符が打たれる…。大好評「泥棒紳士」傑作シリーズの最終巻、満を持して登場!全10話+ラッフルズの世界が分かる特別解説付。

著者等紹介

ホーナング,E.W.[ホーナング,E.W.][Hornung,E.W.]
1866~1921。英国ヨークシャー生まれ。アッピンガム・スクールを作業後、豪州に渡り2年後に帰国。同地に魅せられて処女作A Bride from the Bushを出版。その後は『コーンヒル・マガジン』等に短編を発表。1893年、コナン・ドイルの妹コンスタンスと結婚。彼を有名にしたのは、“A・J・ラッフルズ”シリーズであり、「泥棒紳士」という新しいキャラクターの確立に成功し、高い評価を得るに至った。1914年に第一次大戦で一人息子を失った後、ミステリの発表は途絶えた。自身も戦線に臨み、戦後は南仏で隠棲した。1921年死去

藤松忠夫[フジマツタダオ]
1935年神奈川県鎌倉市生まれ。東京大学法学部卒。日本航空に入社し、米州地区広報部長、JALインターナショナル・サービス社会長を歴任。TFC(The Fujimatsu Corporation)社長。ニューヨークを拠点に、日米間の各種文化交流事業を手がける。新聞、雑誌などにエッセイ、コラムを多数連載
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。