日蓮正宗の神話

個数:

日蓮正宗の神話

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月29日 11時01分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 413p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846003166
  • NDC分類 188.92
  • Cコード C0015

内容説明

“正宗”神話の核心を衝く。従来の―「日蓮正宗は、現在まで七百年余り、日蓮大聖人の内証を血脈相承してきた正系門下である」―という「神話」的見解に、長年の文献精査と現地調査により疑義を呈する労作。

目次

第1論文 「血脈の貫主は絶対」という神話の形成(現日蓮正宗の血脈相承観にみる神話と逸脱;日興の唯一者意識とは ほか)
第2論文 「貫主のみ知る秘伝」という神話の崩壊(現今の血脈論争の盲点;現代の大石寺門徒の信仰における唯授一人相承の意義 ほか)
第3論文 「本尊権の貫主独占」という神話の虚構(血脈相承のない平僧が書写した本尊について;貫主以外の僧による本尊の模写・模刻 ほか)
第4論文 「富士の清流七百年」という神話の欺瞞(戦争礼賛の曼荼羅本尊を認めた日応と日恭;大石寺周辺祠社にみる石山本尊の不敬 ほか)

著者等紹介

松岡幹夫[マツオカミキオ]
1962年長崎県に生まれる。1980年奈良県立奈良高校卒業。1984年創価大学教育学部卒業。1986年日蓮正宗僧侶として得度。1988年大石寺内の富士学林図書館に勤務。1992年日蓮正宗を離脱、青年僧侶改革同盟を結成。2004年東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。現在、東洋哲学研究所研究員、博士(学術)。専攻は日蓮仏教論、近現代仏教研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。