大正博物館秘話

個数:

大正博物館秘話

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 280p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784846002206
  • NDC分類 069.021
  • Cコード C0070

内容説明

いまから130年前に誕生した博物館。その当初の目的は、広く民衆に社会教育を施すことにあった。正倉院の開封調査からミイラの公開まで、折々のエピソードを交えて綴る労作。

目次

1 博物館のなりたち(博物館概念の移入;博物館は有料か無料か)
2 大正博物館秘話(正倉院の開封調査;フランス製ガラスの購入;勧工場第一号―陳列場であるが博物館ではない;公立大坂博物場と類似施設の合併;内務省の博物館、農商務省の管理下へ ほか)

著者等紹介

椎名仙卓[シイナノリタカ]
1930年千葉県生まれ。国学院大学文学部卒。現在、聖徳大学川並記念図書館副館長兼図書館事務長、博物館学講師。城西国際大学非常勤講師。「博物館における観覧行動軌跡」(『博物館研究』37巻2号)、「博物館における観覧調査」(『博物館研究』37巻10号)で昭和40年度棚橋賞受賞。「博物館の法令等に関する年表」(『博物館研究』17巻1号)で昭和57年度棚橋賞受賞。昭和63年『モースの発掘』で国学院大学樋口清之賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。