レオス・カラックス―映画を彷徨うひと

個数:

レオス・カラックス―映画を彷徨うひと

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月11日 11時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 463p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784845921140
  • NDC分類 778.235
  • Cコード C0074

内容説明

全監督作品評論、作家論、テーマ論、対談・座談会、キーワードほか、監督本人とスタッフ・俳優へのロング・インタビューを一挙収録。

目次

第1章 あるシネアストの軌跡
第2章 LCによるLC
第3章 協力者たち
第4章 全監督作品
第5章 映画と/の思考
第6章 創造行為の秘密
第7章 孤高の作家を拡張する

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

タイコウチ

9
スパークス/カラックスのダーク・ロック・オペラ・ファンタジー「アネット」の公開を祝して。カラックスはいろいろ困難を抱えた監督なので、大好きなスパークスが関わると聞いて実はこの数年ずっと気がきでなかった(笑)。佐藤久里子さんの監督ロング・インタヴュー(的確な質問に周到な準備が感じられる)が面白く読み応えがあった。指揮者の役は本当はデイヴィッド・ボウイを考えていたが、すでに体調が思わしくなく断念したとのこと。蓮實先生は、アン役の女優がお気に召さなく、当初の候補ルーニー・マーラ推しだということはわかった(笑)。2022/04/29

Bartleby

1
「アネット」に合わせて出版されたレオス・カラックス本。ロング・インタビューも良かったが、傑作「メルド」の日本スタッフによる制作裏話がいちばん面白かった。それ自体メイキング映画になりそうなほど。2022/07/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19381659

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。