虚像培養芸術論―アートとテレビジョンの想像力

個数:

虚像培養芸術論―アートとテレビジョンの想像力

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年04月16日 19時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 309p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784845920303
  • NDC分類 702.06
  • Cコード C0070

内容説明

1960年代、テレビジョンの想像力=「虚像」がアートを起動した。磯崎新は虚業をかたり、横尾忠則は虚像となり、高松次郎は影を演じた。今野勉はテレビの日常性を主張し、東野芳明はテレビ環境論を書いた。マスメディアの想像力を分母に、現代を逆照射する戦後日本芸術論。

目次

第1部 虚像培養芸術論(知覚のボディ・ビルディング―その日常性への上昇;東野芳明と横尾忠則―ポップ・アートから遠く離れて;戦後日本におけるマスメディア受容と現代芸術の文化学―高松次郎の場合)
第2部 アーティスト・アーキテクトの時代(出来事の編纂―都市デザインとしての“SOMETHING HAPPENS”;イソ、サム、トーノの“建築空間”―福岡相互銀行大分支店にみる建築と美術の協働;「かいわい」に「まれびと」が出現するまで―“お祭り広場”一九七〇年;繰り返し語り、騙られる“コンピューター・エイディド・シティ”をめぐって―一九六八年のテレビジョンと幻視者)
第3部 アートとテレビジョンの想像力(マスメディア空間における芸術表現と情報流通―雑誌『現代詩』を事例に;テレビ環境論その2―“あなたは…”と“ヴォイセス・カミング”と;流通するイメージとメディアの中の風景―今野勉の映像表現)

著者等紹介

松井茂[マツイシゲル]
1975年東京生まれ。詩人、情報科学芸術大学院大学“IAMAS”准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。