貧しい出版者―政治と文学と紙の屑

個数:

貧しい出版者―政治と文学と紙の屑

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月19日 05時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 312p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784845917051
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

紙の闘争で世界が変わると思っていた…出会うことの叶わなかった二人の小説家/運動家、小林多喜二と埴谷雄高。「アクティヴィスト」と「ひきこもり」を横断しながら、彼らが遺した紙屑につながりの言葉を望見=冒険する、貧しくも勇猛果敢な文学研究の書、ここに誕生!新進気鋭の在野研究者の処女作が大幅増補で堂々の復活。

目次

第1部 『小林多喜二と埴谷雄高』(「政治」と「文学」;散在する組織;混在する組織 ほか)
第2部 貧しいテクスト論四篇(宮嶋資夫『坑夫』試論―ポスト・プロレタリア文学の暴力論;くたばって終い?―二葉亭四迷『平凡』私論;人間の屑、テクストの屑 ほか)
第3部 自費出版録(在野研究の仕方―「しか(た)ない」?
カネよりも自分が大事なんて言わせない
自費出版本をAmazonで六九冊売ってみた)

著者等紹介

荒木優太[アラキユウタ]
1987年東京生まれ。在野研究者。専門は有島武郎。明治大学文学部文学科日本文学専攻博士前期課程修了。ウェブを中心に大学の外での研究活動を展開している。2015年、「反偶然の共生空間―愛と正義のジョン・ロールズ」が第59回群像新人評論賞優秀作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

柳田

9
飲み屋でこれを読んでいたら小説だと思われた。それゃそうか…なのかな。「貧しいテクスト論四篇」も面白くて、どうも私は文学以上に文学研究とか評論が好きなのかも。正直埴谷も多喜二も予備知識がなさすぎてピンとこなかったところはあって、もう少しいろいろ読んでから再読したい。装丁もかっこいい。2018/01/21

mstr_kk

6
若き在野研究者が、かつて自費出版した『小林多喜二と埴谷雄高』といくつかの作品論、そして在野研究と自費出版の体験記をまとめて出した本です。感動的な一冊でした。「多少カッコ悪くても、やりたいことをやって、人に届けよう」というテーマ(おそらく東浩紀の影響が大きい)が、さまざまなレベルで追究されています。埴谷雄高ファンとしては、非常に痛いところを突かれていてつらかったのですが、それもすがすがしい。研究というよりは批評であるように感じつつ、やはり才能ある書き手だなあと思いました。あ、校正はもっとしたほうがいいかな。2018/06/25

そあ

0
在野の立場から自費出版として紙の本を出す気概が伝わってきた、良著2021/09/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12484262

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。