貧しい出版者―政治と文学と紙の屑

個数:

貧しい出版者―政治と文学と紙の屑

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年01月20日 22時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 312p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784845917051
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

紙の闘争で世界が変わると思っていた…出会うことの叶わなかった二人の小説家/運動家、小林多喜二と埴谷雄高。「アクティヴィスト」と「ひきこもり」を横断しながら、彼らが遺した紙屑につながりの言葉を望見=冒険する、貧しくも勇猛果敢な文学研究の書、ここに誕生!新進気鋭の在野研究者の処女作が大幅増補で堂々の復活。

目次

第1部 『小林多喜二と埴谷雄高』(「政治」と「文学」;散在する組織;混在する組織 ほか)
第2部 貧しいテクスト論四篇(宮嶋資夫『坑夫』試論―ポスト・プロレタリア文学の暴力論;くたばって終い?―二葉亭四迷『平凡』私論;人間の屑、テクストの屑 ほか)
第3部 自費出版録(在野研究の仕方―「しか(た)ない」?
カネよりも自分が大事なんて言わせない
自費出版本をAmazonで六九冊売ってみた)

著者等紹介

荒木優太[アラキユウタ]
1987年東京生まれ。在野研究者。専門は有島武郎。明治大学文学部文学科日本文学専攻博士前期課程修了。ウェブを中心に大学の外での研究活動を展開している。2015年、「反偶然の共生空間―愛と正義のジョン・ロールズ」が第59回群像新人評論賞優秀作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件