個人的なハーモニー―ノルシュテインと現代アニメーション論

個数:

個人的なハーモニー―ノルシュテインと現代アニメーション論

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 376,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784845916283
  • NDC分類 778.77
  • Cコード C0074

出版社内容情報

世界の短篇・インディペンデントアニメーションの動向に精通し、理論と実践両面においてその最前線に立つ気鋭の論客による、渾身の現代アニメーション論かつ「アニメーション正史」への挑戦の書。

巨匠ユーリー・ノルシュテインの代表的作品『話の話』を糸口に、個人(インディペンデント)作家たちの創造性の系譜と達成を読み解き、初期アニメーション~ディズニー、アニメーション・ドキュメンタリーや世界の長編アニメーション、デジタル時代の新たな原理、さらには宮崎駿・高畑勲など現代日本のアニメにまで射程は及ぶ、「アニメーション正史」への挑戦の書。

さまざまな潮流との接続のなかで新たな「アニメーション」の輪郭を引き直し、その現在と全貌、未来の道行きをも明らかにする独創的なアニメーション史、堂々の刊行!

第0章 『話の話』という「謎」
 『話の話』という謎めいた作品
 本書のアプローチ──『話の話』を国際的な個人作家の文脈で考える
 本書のねらい──「個人的な」作品をベースにアニメーションの歴史を再編する

第1章 「われわれのすべてが自分の木々をもっているのです」
    「アニメーション映画」の想像力
 「違ったふうに」世界を感じる
 アニメーションの起源を探る──「アニメーション映画」の誕生と発展
 「アニメーション映画」の堕落と忘却
 フレームの「間」に生まれる「個人的な」時間

第2章 「すべての文明から離れた隠れ家へ…」
    「アニメーション映画」の小さな革命
 ノルシュテイン作品における取り残された場所
 アニメーションの現実変革
 「アニメーション映画」とディズニーのパラレル
 「アニメーション映画」の社会性
 世界の片隅に生まれる刹那の「永遠」

第3章 「私は現実から書き写すのだ…」
    『話の話』とデジタル・アニメーションの不安定な現実
 「書き写す」詩人
 「原形質性」再考
 デジタル・ロトスコーピングと不安定な現実
 流動する記憶とアイデンティティ

第4章 「メタファーは世界の扉を開け放つ」
    アニメーションの原形質的な可能性
 フレームの「向こう側」
 アニメーションを「芸術」とするために
 他者に宇宙を見いだす
 幽霊たちの視線を感じる
 幻視者の瞳

結論


あとがき

フィルモグラフィー 参考文献 索引


土居伸彰[ドイノブアキ]
1981年東京生まれ。アニメーション研究・評論。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了、博士(学術)。株式会社ニューディアー代表取締役、新千歳空港国際アニメーション映画祭フェスティバル・ディレクター。ユーリー・ノルシュテインをはじめとした世界の短篇・インディペンデント作品を中心としたアニメーションの理論的・歴史的研究をするかたわら、執筆、講演、キュレーション、上映企画、劇場用配給等を通じて、国内外の優れた作品の紹介を行っている。

内容説明

メタファーとなったアニメーションは、世界への扉を開け放つ―。巨匠ユーリー・ノルシュテインの代表的作品『話の話』を糸口に、個人作家たちの創造性の系譜と達成を読み解き、初期アニメーション~ディズニー、アニメーション・ドキュメンタリーや世界の長編アニメーション、デジタル時代の新たな原理、さらには宮崎駿・高畑勲など現代日本のアニメにまで射程は及ぶ、「アニメーション正史」への挑戦の書。

目次

第0章 『話の話』という「謎」(『話の話』という謎めいた作品;本書のアプローチ―『話の話』を国際的な個人作家の文脈で考える ほか)
第1章 「われわれのすべてが自分の木々をもっているのです」―「アニメーション映画」の想像力(「違ったふうに」世界を感じる;アニメーションの起源を探る―「アニメーション映画」の誕生と発展 ほか)
第2章 「すべての文明から離れた隠れ家へ…」―「アニメーション映画」の小さな革命(ノルシュテイン作品における取り残された場所;アニメーションの現実変革 ほか)
第3章 「私は現実から書き写すのだ…」―『話の話』とデジタル・アニメーションの不安定な現実(「書き写す」詩人;「原形質性」再考 ほか)
第4章 「メタファーは世界の扉を開け放つ」―アニメーションの原形質的な可能性(フレームの「向こう側」;アニメーションを「芸術」とするために ほか)

著者等紹介

土居伸彰[ドイノブアキ]
1981年東京生まれ。アニメーション研究・評論。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了、博士(学術)。株式会社ニューディアー代表取締役、新千歳空港国際アニメーション映画祭フェスティバル・ディレクター。ユーリー・ノルシュテインをはじめとした世界の短篇・インディペンデント作品を中心としたアニメーションの理論的・歴史的研究をするかたわら、執筆、講演、キュレーション、上映企画、劇場用配給等を通じて、国内外の優れた作品の紹介を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。