アートプロジェクトの悩み―現場のプロたちはいつも何に直面しているのか

個数:

アートプロジェクトの悩み―現場のプロたちはいつも何に直面しているのか

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784845916108
  • NDC分類 709
  • Cコード C0070

内容説明

アートでどうやって食べていく?プロジェクトは誰に向けて発信する?何をどう残す?キュレーションはとごまで「技術開発」できる?プロジェクトに関わる・関わりたいすべての人が知っておくべきヒントが満載!

目次

第1悩 あふれる「ものごと」「仕組み」「情報」。どう整理整頓する?―藤浩志(美術作家)
第2悩 雇用が増えずキャリアが安定しないアート業界。どうやって食べていく?―相馬千秋(アートプロデューサー)
第3悩 秩序化してしまうアートプロジェクト。アーティストはどう闘う?―遠藤一郎(未来美術家)
第4悩 アートには未来を切り開く力がある。税金をアートに投資することをどう考える?―林暁甫(マネージング・ディレクター)
第5悩 「わからない」から面白い。プロジェクトは誰に向けて発信する?―服部浩之(キュレーター)
第6悩 美術館とビエンナーレ。どうやって連携・共存していく?―飯田志保子(インディペンデント・キュレーター)
第7悩 一〇〇年後の誰かに伝えるために。プロジェクトは何をどう残す?―Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)(アーティストユニット)
第8悩 管理できることには限界がある。キュレーションはどこまで「技術開発」可能?―遠藤水城(キュレーター)・千葉正也(画家)
第9悩 システムが整わないとアートは進化しない。未来に向けて、どう制度設計する?―森司(ディレクター)

著者等紹介

小川希[オガワノゾム]
1976年東京生まれ。2001年武蔵野美術大学映像学科卒。2004年東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。2007年東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。2002年から2006年にわたり、東京や横浜の各所を舞台に大規模な公募展覧会「Ongoing」を企画、開催。2008年に東京・吉祥寺に芸術複合施設Art Center Ongoingを設立。現在、同施設代表を務める。2009年よりJR中央線の高円寺駅~国分寺駅周辺地域で展開するアートプロジェクト「TERATOTERA」のチーフディレクターも兼任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yyhhyy

2
色々なアートプロジェクトの人へのちょっとしたインタビュー集。タイトルの「悩み」というより成功した人の目線。2018/08/01

藤々桃

1
おもしろかった。アートに対する距離感のいろいろ、制度に対する疑問、おもしろいものをつくろうという気概、参考になることが多かった。2017/05/21

1
アートプロジェクトの各分野で活躍するアーティストが抱える「悩み」に迫る対談集。アートプロジェクトは、アートと地域を繋げるのが目的で、参加者との向き合い方は勿論、行政やスポンサー、作品の保存の是非まで、今現在アーティストが直面している課題に切り込んでいくのが新鮮で面白い。参加者が楽しむためには、長期的なプロジェクトで形を変えながら進めていくのが、参加者にアート作品を作っている実感を持たせ、そのためには現場の地域性を活かして距離を無くすのがポイント。東京五輪を控えて何ができるのか今一度考えてみたくなった。2016/12/01

Daito Sugimoto

0
アートの魅力や価値を少しでも感じているからこそ、アートプロジェクトの重要性は感じるのだが、果たしてモノを作り続けた訳でもない自分に何ができるだろうか2016/12/03

洋紅色(ようこうしょく)

0
自分はアートに携わっているわけではないが、この本に書かれている事はとても勉強になった。アートプロジェクトとなっているが、この本の内容は様々な分野に活かせていけるのではないかと感じた2016/10/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11167252
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。