生活の発見―場所と時代をめぐる驚くべき歴史の旅

電子版価格 ¥2,036
  • 電書あり

生活の発見―場所と時代をめぐる驚くべき歴史の旅

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 464p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784845916047
  • NDC分類 159
  • Cコード C0098

内容説明

その「価値観」、「常識」、「慣習」は一体いつから?誰が決めた?愛、家族、感情移入、仕事、時間、金銭、感覚、旅、自然、信念、創造性、死生観まで、誰もが悩む人生のテーマに、歴史が解決のヒントをくれる。

目次

1 関係を育てる(愛について;家族について;感情移入について)
2 生活を形づくる(仕事について;時間について;金銭について)
3 世界を見つける(感覚について;旅について;自然について)
4 慣習を破る(信念について;創造性について;死生観について)

著者等紹介

クルツナリック,ローマン[クルツナリック,ローマン] [Krznaric,Roman]
文化思想家で、日々の暮らしの重大な問題について指導するロンドンのスクール・オブ・ライフの設立メンバー、教師。オックスファムや国連などの組織に、感情移入と会話を使って社会を変えるよう助言し、イギリスの傑出したライフスタイルの哲学者の1人として、オブザーバー紙にも名前が挙げられた。シドニーと香港で育ち、オックスフォード大学、ロンドン大学、エセックス大学で博士号を取得。ケンブリッジ大学とシティ大学ロンドンで社会学と政治学を教え、中央アメリカで難民や現地の人々と人権活動に携わった

横山啓明[ヨコヤマヒロアキ]
1956年生。早稲田大学第一文学部演劇学科卒。英米文学翻訳家

加賀山卓朗[カガヤマタクロウ]
1962年生。東京大学法学部卒。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

paseri

12
一週間かけて読了。「三千年の歴史から学ぶことができない者は、その日暮らしの生活を送っているに過ぎない」ゲーテの言葉です。現代の価値観や常識、慣習はどのように形作られてきたのか、様々な論点から考察します。原題は『the wonderbox』とても読みやすいので、ご興味のある方は是非。2018/07/07

toji

2
とても気軽に読めるのに、とても為になる本。一気に読むよりも、一章ずつゆっくり読むのがオススメ。歴史を振り返れば、自分達がいかに現代の常識に囚われ過ぎているのかがよく分かった。(まさか五感がアリストテレスの影響だったなんて、思いもしなかった。)そしていくつかは、一から考え直してみようかなと思う。2022/03/20

まゆ

1
正確には途中まで読んで図書館の期限が来てまた読みたい本。生活のパーツを取り出して過去の歴史や文献からの引用で描くエッセイ?ゆっくりと読んだら至福だろうなあ。2018/06/30

チェコ

1
ちょっと説教くさく感じる部分もあったけどおおむね面白かった2018/05/04

こっぽちゃん

0
エピソード満載で面白い。生きていく上でいろんな選択肢があることを知っておくことは余裕につながると思います。2020/05/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12482925

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。