映画表現の教科書―名シーンに学ぶ決定的テクニック100

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 279p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784845912926
  • NDC分類 778.4
  • Cコード C0074

出版社内容情報



空間を演出する

画面を構成する

形状による暗示

編集のテクニック

時間を操作する

音響の効果

音楽の可能性

場面転換

カメラ・レンズ

カメラの位置

カメラの移動

照明の技法

色の効能

小道具を駆使する

衣裳による表現

場所の利用

自然を活用する

内容説明

カメラ位置、編集、音響の作法から、衣装、ロケーション、色の効果まで…500を超える場面写真と76の脚本抜粋が織りなす映画史100年を貫く映像のレトリック。

目次

空間を演出する
画面を構成する
形状による暗示
編集のテクニック
時間を操作する
音響の効果
音楽の可能性
場面転換
カメラ・レンズ
カメラの位置
カメラの移動
照明の技法
色の効能
小道具を駆使する
衣裳による表現
場所の利用
自然を活用する

著者等紹介

ヴァン・シル,ジェニファー[ヴァンシル,ジェニファー][Van Sijll,Jennifer]
サンフランシスコ州立大学で脚本を教えている。南カリフォルニア大学の映画テレビ学部で学び、美術学士号を修得。ユニバーサル・ピクチャーズの脚本アナリスト、インディペンデントのプロデューサー、映画やテレビ番組のコンサルタントなど様々な肩書きを持つ。1994年にパナヴィジョン・ニュー・フィルムメイカー賞を受賞。1995年にはその優秀な授業が評価され、サンノゼ州立大学の名誉ジリアンド・チェアに選ばれている

吉田俊太郎[ヨシダシュンタロウ]
翻訳家。現在は英国と日本を頻繁に行き来しながら映画や広告を中心に翻訳活動をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。