文化財保護ありのまま

文化財保護ありのまま

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 246p
  • 商品コード 9784845380718
  • NDC分類 709.1

内容説明

一主婦が心をこめて点した、文化財愛護の灯し火。危機に立つ日本の文化財行政の実態を、ありのままに映し出す。

目次

第1部 遺跡保護への私の一里塚(播磨国分寺(僧寺)跡―長い忍耐の道
播磨国分寺(尼寺)跡―文化財は官民一体で守るもの
壱岐国分寺跡―心打つ「すぐやる文化財保護行政」
武蔵国分寺(尼寺)跡―明暗を分ける市長の姿勢
陸奥国分寺跡―国分寺正式名碑献納のこと
その他の国分寺跡について)
第2部 文化財保護に生きた庶民(奈良の植木職人・棚田嘉十郎と平城宮跡;京都の織物商・三宅安兵衛父子;愛護一すじの道)