労使関係論とはなにか―イギリスにおける諸潮流と論争

個数:

労使関係論とはなにか―イギリスにおける諸潮流と論争

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 07時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 293p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784845116997
  • NDC分類 366.5
  • Cコード C0036

内容説明

これからの労使のあり方と働き方改革を考える!ウェッブ夫妻から今日まで120年の論争史に学び、現代日本の社会・労働問題に示唆をあたえる。

目次

第1章 労使関係論の起源―労働組合論としての出発(一九世紀末~一九五〇年代)
第2章 労使関係論の形成―プルーラリズムの黄金期(一九六〇年代)
第3章 労使関係論の欠陥―法的規制論と人的資源管理論の台頭(一九八〇年代)
第4章 労使関係論の刷新1―マルクス主義派の挑戦と分岐(一九七〇年代と九〇年代)
第5章 労使関係論の刷新2―ネオ・プルーラリズムとマテリアリズム(二〇〇〇年代以降)
終章 要約と含意

著者等紹介

浅見和彦[アサミカズヒコ]
1952年、埼玉県秩父市生まれ。早稲田大学法学部卒業。全国自動車運輸労働組合、全日本運輸一般労働組合の専従書記を経て、法政大学大学院社会科学研究科社会学専攻博士後期課程単位取得退学、法政大学大原社会問題研究所兼任研究員。現在、専修大学経済学部教授、特定非営利活動法人建設政策研究所理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。