過労死・過労自殺救済の理論と実務―労災補償と民事責任

個数:

過労死・過労自殺救済の理論と実務―労災補償と民事責任

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 458p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784845107896
  • NDC分類 366.99
  • Cコード C3032

内容説明

本書は、「過労死」と「過労自殺」の被災者と家族(遺族)の社会的救済を目的に、その法理論と実際の実務をいかにすすめるかを、筆者の弁護士としての経験を基礎にとりまとめた実務書である。

目次

序 いま人間として生きる権利を(経済大国日本の現実;過労死発生のメカニズム ほか)
第1部 過労死・過労自殺救済の実際(中学教師のくも膜下出血死―千葉地公災基金支部裁決92.8.11千葉地公災基金・中野くも膜下出血死;国家公務員管理職の脳出血死―人事院判定96.9.27気象庁・関口データー処理調査官脳出血死事件 ほか)
第2部 過労死救済の理論と実際(過重負荷主義基準の意義と問題点―87年・95年過労性脳・心臓疾患労災認定基準の検討;過労死労災認定の法解釈論 ほか)
第3部 過労自殺救済の理論と実際(精神障害・自殺と労災補償;過労自殺の民事責任と労災補償 ほか)

著者等紹介

岡村親宜[オカムラチカノブ]
1942年5月鳥取県に生まれる。1965年3月中央大学法学部法律学科卒業。1968年3月司法研修修了。1968年4月東京弁護士会に弁護士登録。現在に至る。現在、弁護士。日本労働弁護団副会長、自由法曹団団員、日本労働法学会会員、日本労働弁護団労災研究会代表、ストレス疾患労災研究会代表世話人、過労死弁護団全国連絡会議代表幹事、東京過労死弁護団代表、働く者のいのちと健康を守る全国センター副理事長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。