支子―障害児と家族の生

支子―障害児と家族の生

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784845104598
  • NDC分類 378
  • Cコード C0036

内容説明

障害児者たちとその親たちが何を感じ、何を願っているか。20余年の歳月を重症心身障害児施設「びわこ学園」で医療と生活にとりくんできた著者のありのままの聞き書き。

目次

啓示―生かされて生きる
養女―育てた子がかすがいとなって
青年―しんどいのは差別される心
障害―障害をもつ視線からの人生観
予感―心の傷を癒してくれる存在
家族―家族から家族へと受け継がれるもの
認知―“分かる”とはどういうことか
共生―人間のおおらかさとは
流された水蛭子はどうなったか