原子力をめぐる「日米協力」の形成と定着1953‐1958

個数:
  • ポイントキャンペーン

原子力をめぐる「日米協力」の形成と定着1953‐1958

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 290p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784844755654
  • NDC分類 539.091
  • Cコード C3031

目次

第1章 冷戦戦略としての「平和のための原子力」(原子力国際管理案;「大衆啓蒙作戦(Operation Candor)」 ほか)
第2章 アメリカ主導の原子力協力をめぐる国際政治の原点(原子力研究協定文の原型;AECの雛形協定文に対する各国の反応 ほか)
第3章 日米原子力協力の発端―1955年の「日米原子力研究協定」の成立(アメリカからの濃縮ウラン供与の提案;雛形協定文第9条をめぐる国内の反響 ほか)
第4章 「日米原子力研究協定」に基づく細目協定の締結―濃縮ウランの賃貸借をめぐる日米交渉(免責条項;インスペクション条項 ほか)
第5章 日米原子力協力の定着―1958年の「日米原子力一般協定」の成立(原子力研究協定改訂のための日米交渉;雛形一般協定文 ほか)

著者等紹介

李〓雄[イヒョンウン]
1972年大韓民国大田広域市生まれ。筑波大学第三学群国際総合学類卒業。筑波大学大学院人文社会科学研究科博士課程修了(国際政治経済学博士)。筑波大学大学院人文社会科学研究科研究員を経て、現在、駐新潟大韓民国総領事館先任研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件