技術の営みの教養基礎 技術の知と倫理

個数:

技術の営みの教養基礎 技術の知と倫理

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 256p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784844607939
  • NDC分類 504
  • Cコード C3058

目次

ガイダンス―社会人生活への準備を始めよう
技術者倫理の目的―技術者に求められる倫理とは?
よりよい試行錯誤―実用的な専門知識とは?
科学・技術の中の知識―その知識は本当に正しいか?
技術知の戦略―不確実さとの付き合い方
組織における技術知と情報―情報伝達の難しさ
安全の理論―危険なモノを扱う技術の方法論
事実と価値―正しい判断の条件
技術の専門職という立場―技術者の生きる世界
誠実な仕事―どこに価値の基準をおくべきか
義務と同意・説明責任―人工物環境を変える行為者の責任
気持ちに寄り添う―透明性の確保、安心、技術と法
倫理問題の解決―倫理問題の性質と構造
現代的な課題―情報倫理・環境倫理・生命倫理
技術専門知の役割―専門性の役割と限界の自覚

著者等紹介

比屋根均[ヒヤゴンヒトシ]
1962年大阪生まれ。1990年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了(金属材料)。大同特殊鋼株式会社入社、主に鋼材製造部門、プラント部門、開発、品質等マネジメントシステム部門担当。2000年技術士一次試験合格、技術士補(環境部門)、(社)日本技術士会準会員B。2003年技術士二次試験合格、技術士(総合技術監理部門/衛生工学部門)(社)日本技術士会正会員。2005年(社)日本技術士会中部支部ETの会(技術者倫理研究会)創設に参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件