ひとつ上のアイディア。

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 239p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784844321880
  • NDC分類 674
  • Cコード C0034

出版社内容情報

どうすれば誰も思いつかないような企画やアイディアを考え出すことができるのか──。ヒットメーカーとして知られている電通や博報堂のトップ広告クリエイターや、人気建築家ら20人が、自分だけのオリジナルな手法や思考法、考えるべきポイントをついに明らかにしてくれた。ベストセラーとなったシリーズ前作「ひとつ上のプレゼン。」では語られなかった、プロのクリエイターならではの発案・発想のメカニズムやノウハウが、この本を読めば手に取るようにわかる。
「アイディアは浮かぶが、なかなか結果につながらない」「継続的に企画やアイディアを出すのに苦労している」という人におすすめの1冊。

内容説明

新企画をつぎつぎと生みだすプロのクリエイターたちは、どうやってアイデアを出しつづけているのか。その技術、ノウハウ、経験、哲学を収録。“企画稼業”クリエイター20人アイディアづくりのすべて。

目次

アイディアの「視点」(正面の視点を捨てられるか。(大島征夫)
やるべきことをやれば必ず見つかる。(佐藤可士和) ほか)
アイディアの「論理」(世の中に物語を描けるか。(安藤輝彦)
喜びで好循環を作る。(檍満子) ほか)
アイディアの「環境」(どこまで思いつきを口にできるか。(佐々木宏)
「見事に解けた」がいいとはかぎらない。(團紀彦) ほか)
アイディアの「作法」(意表をついた正論。(岡康道)
オリジナリティなど必要ない。(小沢正光) ほか)
アイディアの「経験」(自分の反応を見つめてみる。(児島令子)
一度つながれば出やすくなる。(杉山恒太郎) ほか)

著者等紹介

眞木準[マキジュン]
コピーライター。クリエイティブ・ディレクター。1948年愛知県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。博報堂入社後、コピーライターとして、ソニー、ライオン事務器、全日空、キヤノン、サントリーなどの広告制作を担当。83年にフリーランスとして独立。伊勢丹、ビクター、TDK、国際羊毛事務局、キリン、ホンダ、三陽商会などの広告制作を担当する。眞木準企画室主宰。TCCクラブ賞、ADC最高賞、朝日広告賞、毎日デザイン賞、日経広告賞、読売広告賞ほか受賞多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

チャーリー

3
20人のクリエイターの方々が『アイデア』について語る内容。 皆さんの意見はバラエティに富んでいて、色々な視点があるのだなぁ、と感心したり、同じことを大切に思っていたり、役立つ考え方ばかりです。 やはりトップクリエイターの方々はすごいです。 ブレインストーミングに最適かも。2015/12/12

oyamadashokiti

1
これ読んじゃうと、広告代理店に憧れずにはいられないよなぁ。。。2013/12/06

ゆのじ

1
仕事絡みで。2014/02/12

くまりん

1
非常に高い満足感を得られる内容だった。登場するクリエイター達の方法論や哲学は様々であるが、共通するのは「アイディアを受け取る相手ありきである」という意識と、アイディアをそうして文脈づける姿勢、あるいは文脈からアイディアを生み出すといった関連性を絶対条件にしている点である。 この二点がないアイディアはオナニーである。それは本作に登場するのが広告代理店のクリエイティブ職や建築家という職業人だからではない。ルネサンスの時代から芸術においてもそうだったろうし、学術研究も同じだろう。 捉える視座が高かった。2013/09/30

すぷすと

1
アイディアのイメージとして…アイディアは単に「ひらめく」ものではないし、インパクトや奇抜さがありさえすればいいものではない。現状分析、問題把握の後の解決策的なもの。論理的に突き詰めて、これまで自分の中に蓄えてきたものを踏まえて見つけ出されるようなもの、ってかんじ。「つまらない案さえ出せなかったら、よい案なんかだせない。」ってことで恐れず考えていこうと思った。2012/08/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/567098

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。