持続可能な社会を考える法律学入門

個数:

持続可能な社会を考える法律学入門

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 185p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784842916934
  • NDC分類 321
  • Cコード C3032

目次

第1章 法とは何か
第2章 国内社会の法と国際社会の法
第3章 国内社会と人権保障
第4章 国際社会と人権保障
第5章 主権と領域
第6章 安全保障
第7章 環境保全
第8章 犯罪
第9章 司法制度

著者等紹介

井上秀典[イノウエヒデノリ]
早稲田大学大学院法学研究科修了。現職、明星大学経済学部教授。専門は国際法、国際環境法(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

国内法および国際法の融合に焦点を当て、人権保障、安全保障、環境保全、犯罪、司法制度などを柱に法律学をわかりやすく解説グローバル化に伴い国内法および国際法をそれぞれ個別に理解しようとする時代は過ぎ去った。今日、国内法および国際法は密接に関連しており、そのような観点から国内社会と国際社会の法を対比する形で記述し、国内法および国際法の融合に焦点を当てている。持続可能な社会を築いていくためには、社会背景、趣旨を理解して現在なぜ法律や条約が存在するのかを理解する必要がある。人権保障、安全保障、環境保全、犯罪、司法制度などを柱として法律をわかりやすく解説

第1章:法とは何か  第2章:国内社会の法と国際社会の法  第3章:国内社会と人権保障  第4章:国際社会と人権保障  第5章:主権と領域  第6章:安全保障  第7章:環境保全 第8章:犯罪  第9章:司法制度

井上 秀典[イノウエ ヒデノリ]
明星大学経済学部教授。「海洋環境に関する国際条約の展開」「2020年以降の地球温暖化防止に関する法政策」など、国際法、国際環境法も関する論文多数