物理学叢書<br> 現代の量子力学〈上〉

個数:

物理学叢書
現代の量子力学〈上〉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 371p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784842702223
  • NDC分類 421.3
  • Cコード C3342

内容説明

本書は、誕生以来60余年さらに豊さを増していく量子力学の核心を現代的立場からいきいきと描いたものである。シュレーディンガー方程式も、微分演算子も本書では与えられた仮定ではない。全ては明確に提示された基礎概念から、極めて自然に導き出される。UCLAでの多年の講義に基づく本書のおもしろさは、量子論の初歩を学んだ読者なら容易に体得できよう。

目次

第1章 基礎概念(シュテルン・ゲルラッハの実験;ケット、ブラおよび演算子;基底ケットと行列表現;測定、観測量および不確定関係;基底の変更;位置、運動量および平行移動;位置空間および運動量空間における波動関数)
第2章 量子ダイナミックス(時間的発展とシュレーディンガー方程式;シュレーディンガー表示とハイゼンベルク表示;調和振動子;シュレーディンガーの波動方程式;プロパゲーターとファインマンの経路積分;ポテンシャルとゲージ変換)
第3章 角動運量の理論(回転および角運動量の交換関係;スピン1/2の系と有限回転;O(3)、SU(2)およびオイラーの回転
密度演算子ならびに純粋アンサンブルと混合アンサンブル
角運動量の固有値と固有状態
軌道角運動量
角運動量の合成
角運動量を表わすシュウィンガーの振動子モデル
スピン相関の測定とベルの不等式
テンソル演算子)
付録A シュレーディンガーの波動方程式の基本的解の要約
B 運動量の合成則―不等式(3.7.38)―の証明