HIV感染被害者の生存・生活・人生―当事者参加型リサーチから

個数:

HIV感染被害者の生存・生活・人生―当事者参加型リサーチから

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 212p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784842065595
  • NDC分類 493.11
  • Cコード C1036

内容説明

本書は、日本の薬害HIV感染被害者がライフ(生存・生活・人生)の各次元で直面している諸問題と、それをとらえる調査研究でわれわれがとった新しいスタイルと視点、用いた理論と方法を、記録として歴史に残し、21世紀に伝えるとともに、広く明らかにしアピールする。

目次

日本の薬害HIV感染被害の歴史と現状
新しいスタイルと視点からの調査研究
薬害HIV感染者の属性と健康状態像
HIV医療体制のあり方
医療への参加とセルフケア
就労・就学・社会参加と生計
差別および差別不安とその影
サポートネットワークと病気開示
ストレス対処能力SOCと生きがい
HIV感染の告知と説明
被害認識と感情
被害構造と救済・恒久対策―福祉施策の視点から
今回の調査研究の意義と今後の課題

著者紹介

瀬戸信一郎[セトシンイチロウ]
はばたき福祉事業団調査研究事業担当