医療・看護・福祉のためのデス・エデュケーション入門―ケアという仕事

個数:

医療・看護・福祉のためのデス・エデュケーション入門―ケアという仕事

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 163p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784840405164
  • NDC分類 492.9
  • Cコード C2047

内容説明

本書は、医療看護系の大学、短大、専門学校を志望し、将来医療現場で働くことを目指す皆さんや、現在医療看護系の大学、短大、専門学校で学んでいる皆さんに向けて書いたものである。

目次

第1章 患者本位の医療看護のために
第2章 生と死を見つめて
第3章 現代医療のさまざまな問題
第4章 医療・看護・福祉の国家資格
第5章 医療看護系の小論文と面接
第6章 21世紀型福祉実現のために

著者紹介

浅田高世[アサダタカヨ]
1951年兵庫県生まれ。奈良女子大学理学部生物学科卒業。大阪府立刀根山高等学校教諭。日本死の臨床研究会会員。2001年、九州環境福祉医療専門学校社会福祉学科(通信制)修了。2002年、社会福祉士となる

柏木哲夫[カシワギテツオ]
大阪大学大学院人間科学研究科教授。淀川キリスト教病院名誉ホスピス長。1965年大阪大学医学部卒業。同大学精神神経科に3年間勤務し、主に心身医学の臨床と研究に従事。その後3年間、ワシントン大学に留学し、アメリカ精神医学の研修を積む。1972年帰国し、淀川キリスト教病院に精神神経科を開設。同時にターミナルケア実践のためのチームを結成。その後、同病院にて内科医としての研修を受け、1984年にホスピス開設。副院長、ホスピス長を経て、1993年大阪大学人間科学部教授(人間行動学講座)。淀川キリスト教病院名誉ホスピス長。日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団理事長。1994年日米医学功労賞、1998年朝日社会福祉賞