ナレッジエンタ読本
犯人は知らない科学捜査の最前線!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 187p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784840130332
  • NDC分類 317.75
  • Cコード C0076

内容説明

ドアの開閉、ノートの落書き、ケータイの留守電、コンビニの防犯カメラ―。普段、当たり前の行動をしているだけで、私たちはあらゆる場所に「痕跡」を残している。犯罪者もまたしかり。一見、何もないように見える犯罪現場から、わずかな手がかりを頼りに真実を解き明かす。それが科学捜査である。驚異的なスピードで発展を続ける科学捜査、その最先端に迫る驚きの一冊。

目次

第1章 科学捜査とは何か―あらゆる科学分析を駆使して「真実」を明かす
第2章 指紋鑑定―死体に付着した犯人の指紋を採取する
第3章 画像解析―暗闇に映る輪郭だけで顔の骨格を再現
第4章 DNA型鑑定―4兆7000億人からたった1人を特定する
第5章 音声鑑定―ヴォイスチェンジャーでも消せない「誰」と「どこ」
第6章 火災鑑定―焼け跡の微量油分を検出せよ
第7章 交通事故鑑定―痕跡から読み取る「事故の状況」と「殺意」
第8章 筆跡鑑定―たった4文字で筆者を100%絞り込む

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ピエール

1
海外ドラマのCSIとか、海外の凶悪事件を紹介する番組などでだいたい知ってた。こんなに進歩してるのだからもっと犯罪が減ればいいのに。2010/08/07

すず

0
事実から真実を導き出すための最新の科学捜査方法が満載。人は生きている限り必ずどこかに何かの痕跡を残してしまうものだと納得した。本書が広く知れ渡ることで、変な気を起こす人が少しでも減ればいいなと思う。2013/04/04

リル

0
僕のような理系人間にはたまらない。科学捜査がそこまで進化しているのか、とびっくりしました。今後どんどんと新しい技術が開発され犯人がすぐわかるようになるとすごいと思います。Mrブレインの科警研がなんなのかもわかったのですっきりです。2010/01/01

Michi

0
人間は自分の意思に反して、色んな場所に痕跡を残してしまうようだ。2009/10/11

ぷくらむくら

0
科学捜査がどんどん進歩しているのがわかる。もう少し具体例や歴史的背景を盛り込んで欲しかった。2009/09/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/239395
  • ご注意事項