MF文庫J<br> 神様家族

電子版価格 ¥638
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

MF文庫J
神様家族

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 259p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784840108102
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

神山佐間太郎の父は神様。母・姉・妹が女神様、お手伝いさんは天使。…いやマジで。家族のおせっかいで何でも願いがかなってしまう、ウンザリな毎日。初恋の相手さえ、神である父の力で相手から迫ってきたりして、もう興ざめ!「こんなのは恋じゃない!自分の力で彼女を惚れさせなくて、何が恋愛だ!」果たして佐間太郎は、過保護な親(神様)の干渉ナシに彼女を作れるのか?ちょっとせつなくてアットホームなラブコメ・ファンタジー、颯爽登場。

著者等紹介

桑島由一[クワシマヨシカズ]
1977年9月26日、東京生まれ。ゲームシナリオや作詞、小説、イラストまで手がけるマルチなクリエーター
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スズ

45
神様の息子である神山佐間太郎は、息子にダダ甘な父の起こす奇跡のせいで何でも願いが叶ってしまう生活にウンザリしていた。そんな中、クラスに小森久美子という少女が転入し、佐間太郎は彼女に一目惚れし、自分の力だけで彼女と付き合えるよう努力するが…。幼馴染のテンコのサポートを受けながら、己の力だけで久美子とお近づきになろうとする佐間太郎が、神様の両親や姉妹の起こす奇跡のせいで滅茶苦茶な状況に陥るが、彼を見捨てずにフォローするテンコが良い。大切なものを失った佐間太郎に優しく語りかける雑貨屋のお姉さんの言葉が良かった。2016/12/02

とら

23
イラスト描いてる人が好きなので読んでみた。「家族」と言う単語が入る小説とかは大体ほのぼのしているので、それに乗っ取りこれもそうなんだろうと勝手に思っていたけど、ちょっと変わり者が揃っている家族だった。やはりラノベか。けれど、ラストはやはり家族らしく温かい。何だかんだで家族は皆、家族のことを大切に思っているんだと改めて感じさせられた作品だった。2011/06/18

昼沢異世界

12
★★★★☆ …あぁ、いいなぁ。やっぱり家族ものは大好物。露骨に「萌え」を狙っていなく、文章がすんなりと鮮明な情景となって脳を経由して、すっと胸中に染みてくる。「ライトノベル」という存在を知った、早い段階で読んだ一冊は、やはり10年経った今なお「味わい深い」一冊だった。余談だけれども、最近読んだ中では電撃の「VS」が、神様家族に似ていて面白かったかな…なーんて。イエスタデイワンスモア。そんな言葉が思わず脳裏に浮かんでしまう。2013/03/16

秋庭誠

12
よくある、少年が転校生に恋する話。違うのは、その少年が神様の子であること。前半で笑わせ、後半で泣かす、良作。 ちなみに表紙は天使だ!(自分も読了後、しばらくたってから気づいた…)2012/06/14

秋庭誠

8
【家族愛】☆9 再読。「神様の息子」が恋愛をする、初恋物語。 本当に欲しいものは、無くなってから気づくもの。特に家族。やはり、自分が信頼を寄せることができる人がいるってのは、最高の事。だからこそ、家族に感謝を。ありがとうを。2013/02/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/549800

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。