マイナビ出版ファン文庫 Tears<br> 京都であった泣ける話―古都を舞台に心にしみる12編のアンソロジー

個数:
電子版価格 ¥792
  • 電書あり

マイナビ出版ファン文庫 Tears
京都であった泣ける話―古都を舞台に心にしみる12編のアンソロジー

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年04月16日 00時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 200p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784839975142
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

出版社内容情報

日本の古都・京都を舞台にした12編の心にしみるアンソロジーです。

【一部あらすじ】
京都で『ぬい旅』/編乃肌
伏見稲荷大社に「ぬい旅」。千本鳥居を抜けた先で起きた小さな奇跡とは?

不味い大福売りの男/溝口智子
京都の甘すぎる大福を売り続ける陰鬱な毎日。そこに一つの出会いが訪れて……

サエコとシノブ/桔梗楓
美大に入学した紗子、学内で孤立する京都出身のしのぶに、なぜか惹かれていき……

たかだか百年/天ヶ森雀
「そうだ、京都に行こう」の一言で始まった小旅行が百年の時を超える旅になる。

しづ心なく/那識あきら
今も忘られぬ常寂光寺。桜の花びらが舞い散る中、二人はあの日を振り返る


【ほか7作品収録】
『そこにあなたという道標、そして縁』ひらび久美/『めぐるめぐるコンパス』貴船弘海/『京都仮想現実同窓会』神野オキナ/『思い出は本棚の中』杉背よい/『綺麗な言葉の裏側は』朝比奈歩/『ぶぶ漬け食べに、京都行こう』矢凪/『人形流し』鳴海澪

内容説明

『京都で『ぬい旅』』―伏見稲荷大社に「ぬい旅」。千本鳥居を抜けた先で起きた小さな奇跡とは?『不味い大福売りの男』―京都の甘すぎる大福を売り続ける陰鬱な毎日。そこに一つの出会いが訪れて…『サエコとシノブ』―美大に入学した紗子、学内で孤立する京都出身のしのぶに、なぜか惹かれていき…『たかだか百年』―「そうだ、京都に行こう」の一言で始まった小旅行が百年の時を超える旅になる。『しづ心なく』―今も忘られぬ常寂光寺。桜の花びらが舞い散る中、二人はあの日を振り返る。ほか7作品収録。