将棋連盟文庫
将棋 端攻め全集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A6判/ページ数 446p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784839939656
  • NDC分類 796
  • Cコード C2076

内容説明

端攻めは、現在隆盛を誇っている穴熊のほか、矢倉や美濃囲いに対しても有力な攻め筋。また、その他の戦型でも端の攻防が勝敗を決することは多々あります。「将棋 端攻め全集」は端攻めの手筋を網羅的に解説した数少ない書籍であり、全集の名にふさわしい名著。また、併せて収録した「将棋必勝手筋100」では勝つための基本手筋を中盤、終盤、受けに分けてやさしく解説してあります。

目次

第1章 端攻めの基本(端攻めの手筋;連打の歩;連打の歩プラス飛車の攻め ほか)
第2章 各戦法にみる端攻め(居飛車対振飛車;矢倉の端攻め;棒銀 ほか)
第3章 実戦での端攻め(中原名人‐大内;米長八段‐大内;加藤博八段‐大内 ほか)

著者等紹介

大内延介[オオウチノブユキ]
昭和16年10月2日、東京都港区の生まれ。29年、6級で(故)土居市太郎名誉名人門。38年4月、四段。59年4月、九段。42年7月、第8期王位戦でタイトル初挑戦(六段での挑戦は当時初)。51年3月、第1期棋王戦で初タイトルを獲得。平成12年、通算800勝(将棋栄誉敢闘賞)。14年11月、現役勤続40年。22年4月、引退。タイトル戦登場は4回、獲得は棋王1期。棋戦優勝8回(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。