クリティカルケア看護の基礎―生命危機状態へのアプローチ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 344p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784839211042
  • NDC分類 492.9
  • Cコード C3047

内容説明

本書は、基礎教育課程で看護学を学ぶ学生の皆さん、ならびに卒後1~2年目の臨床看護師の皆さんが、クリティカルケア看護、すなわち生命危機状態にある患者の看護について学習するときに役立てていただくためのテキストとして作成しました。急性の臓器機能不全により生命危機状態に陥った患者が、一日でも早く最良の状態で社会復帰するために、また、ICUでの治療をできるかぎり快適に過ごしてもらうために、看護師に必要とされる援助の基礎知識を紹介しました。

目次

第1章 クリティカルな患者と看護の理解(クリティカルケア看護の歴史的変遷;クリティカルケア看護の対象;クリティカルな患者・家族の特徴 ほか)
第2章 クリティカルな患者の全身管理(クリティカルな患者の循環動態と看護;クリティカルな患者の呼吸と看護;クリティカルな患者の意識状態と看護 ほか)
第3章 疾患に特徴的なクリティカルケア看護(クリティカルな心疾患患者の看護;クリティカルな呼吸器疾患患者の看護;クリティカルな脳・神経疾患患者の看護 ほか)

著者等紹介

池松裕子[イケマツユウコ]
山梨県立看護大学看護学部・助教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

《内容》 医療技術の進歩や入院期間の短縮、在宅看護の充実に伴い、クリティカルケア=生命危機状態にある患者へのケアの知識は、ICUのみならず、様々な場で働く看護師にとって必要なものになっている。本書は、主に看護学生、新人看護師に向けて、クリティカルケアの歴史(第1章)、アセスメントや看護援助の原則(第2章)、クリティカルケアの対象となる代表的な疾患患者の看護(第3章)など、クリティカルケアの基本となる知識をわかりやすく解説している。